プラセンタには生命を維持するための栄養素がぎっしり

プラセンタとは哺乳類が妊娠した際にお腹の中で赤ちゃんとお母さんをつなぐ「胎盤」のこと。
つまり、プラセンタは胎児と母体をつなぎ生命を維持する大切な器官ですから、成長のため・生きるために必要な栄養因子や栄養素などが豊富に含まれています。
生命維持のための多くの栄養素を含む胎盤ですから、哺乳動物の場合は出産後に胎盤を食べてしまうものもいます。

プラセンタは医療機関でも扱っています。婦人科や美容内科・美容外科などでおなじみなのはプラセンタ注射ですが、これは人の胎盤から抽出されているもので、医療機関でのみ受けることができます。
一方、サプリメントに利用されるのは豚由来・馬由来のプラセンタであり、人由来のものはありません。
ヒト由来のプラセンタ注射に比べると、サプリメントは吸収率や即効性はありませんが、人間の体では作ることのできない必須アミノ酸をはじめ、細胞の新陳代謝を促すスイッチのような働きをする成長因子、遺伝子の修復や、新陳代謝の調整に必要な核酸などを含んでいます。

無理なく続けられる価格なのもサプリメントのいいところ。
ワンランク上のエイジング対策にプラセンタサプリを利用する人も増えています。